壺井佳代子プロフィール写真.jpg

壺井 佳代子 Kayoko Tsuboi

 

Integral Life Practitioner (統合的実践ガイド)

Voluntary Certification of Yoga Professionals Level2 (Yoga Teacher)

メディカルヨーガ・セラピスト

表千家茶道講師/生田流箏三絃師範


特別職国家公務員として17年勤務したのち、ヨーガの道へ進む。専門はヨーガ療法。
知性発達学者の加藤洋平氏に「インテグラル理論や成人発達理論を用いた能力開発におけるマインドフルネスの有効な活用方法についても指導することのできる、現時点では日本でただひとりのヨーガ教師」との評価を受ける。

腰痛や不眠症を始めとした慢性疾患や、自律神経失調の症状に対する改善症例多数。伝統的ヨーガの理論的側面に基づいた行動変容を促す指導には高い評価が与えられている。現在は経営者等への中長期的な個人指導を中心に指導を行うとともに、東京の医療マネジメント企業ALBA LAB(株)にて理学療法士とのコラボレーション・プログラム“Total Life Reversion”の開発に携わる。

NPO法人認定ヨーガ療法士協会鳥取県幹事長を勤めた間、日本で初めて行政からの依頼により行われた地域住民の健康増進のためのヨーガ療法プロジェクトで、チームによる指導での健康状態改善に対する成果を上げた。鳥取DARC(薬物等依存者回復センター)におけるヨーガ療法導入と療法士チームの運用にも尽力。薬物依存者の改善症例について統合医療学会支部活動での報告も行った。その一連の功績を称えられ、2019年、(一社)日本ヨーガ療法学会より功労賞授与。

2011年にはウクライナ・キエフ市のチェルノブイリ原発事故被爆者団体ゼムリャキへ派遣され、ヨーガ療法の健康効果を測定する調査に協力。2017年、インド・ヨーガ協会(Indian Yoga Association / IYA)によるヨーガ指導者試験が日本で初めて実施された際には、LEVEL2(Yoga Teacher)日本初合格者63名の一人としての栄誉を讃えられ、インド領事チノフ閣下(当時)より直々に合格証を授与された。

ラージャ・ヨーガ・アチャルヤ木村慧心師、インテグラル理論(integral theory)及び成人発達理論の日本における第一人者である鈴木規夫氏、及び日本人唯一の知性発達学者である加藤洋平氏に師事し、人格向上のためのヨーガ実践を探究し続けている。

趣味は茶道、筝曲。表千家茶道講師、生田流琴・野川流三絃師範。
    
 

【資格等】
Voluntary Certification of Yoga Professionals Level2 (Yoga Teacher)
アーユルヴェーダ指導者養成課程 上級講座修了

米ボストン・トラウマセンター トラウマ・センシティブ・ヨーガ講習修了  

マインドフルネス・ストレス・フォーラム2012 総持寺ワークショップ受講
元日本ヨーガ療法学会 認定ヨーガ療法士/元日本ヨーガ・ニケタン認定講師  

特定非営利法人 日本ヨーガ療法士協会 鳥取所属

一般社団法人 日本統合医療学会 山陰支部所属
 

【指導実績】
株式会社 キユーピー
医療法人社団 Oasis Medical
株式会社 ALBA LAB
医療法人 健和会 ひがみ耳鼻いんこう科・いびき睡眠クリニック
井田レディースクリニック
家族・絆の吉岡医院
NHK文化センター
チェルノブイリ被災者 慈善市民団体「ゼムリャキ」(ウクライナ・キエフ市)
ダルク(DARC 薬物等病的依存回復センター) 鳥取 
鳥取県西伯郡南部町 統合医療・社会モデル実践としてのセルフケア教室 講師 
鳥取県福祉保健局主催「眠れてますか?睡眠キャンペーン」講演会 講師